ダイエット 仕組み
ストレスと肥満、摂食障害

 
ストレスと肥満、摂食障害(過食症と拒食症)
ホーム > 仕組み > ストレスと肥満、摂食障害
   

仕組み


ストレスと肥満

お腹が空いていないのに,満腹なのに、無意識の内に何時の間にか、つい何かを口にしていたり,食べ過ぎたりする事がありませんか? 不安や焦燥感,孤独感等から、食べる事で,胃袋を満たす事で、逃れよう,忘れようとしていせんか?

「気晴らし食い」,「いらいら食い」や「やけ食い」,「無茶食い」等はストレスを発散,解消しようとする行為で、「代理摂食」と言われる行動であり、習慣化すると肥満の原因にもなります。
勧められて食べてしまう「頂き食い」や,捨てるのが勿体無いので食べる「残りもの食い」等も、習慣として食べてしまう行為は「代理摂食」ですし、空腹感による食行動ではない「代理摂食」は満腹感が起り難くい為に「大量食い」に繋がってしまう特徴があり非常に問題です。

ストレス太り」と言う言葉がありますが、ストレスで食事量(強度のストレスは食欲減退,慢性的なストレスは食欲増進の傾向がある)が減って痩せてしまう人もいますし、食事量が減ってもホルモン分泌等に変化が生じてしまい太る事もあります。

ストレスを感じると甘い物や脂っこい物が欲しくなります。ブドウ糖(甘い物:糖分)は脳のエネルギー源で、コレステロール(脂っこい物)は脳が情報伝達をする為には必要で、神経細胞にも欠かせません。脳がストレスで負担を感じて危険な状態だと認識すると、ブドウ糖コレステロールの積極的な補給を指示します。
ダイエットで糖質(甘い物)や脂質(脂っこい物)の無謀な食事制限をすると、それがストレスとなり、その反動で甘い物や脂っこい物が欲しくなる悪循環に陥る事もあります。

ストレスが原因で食べ過ぎて太ってしまい、体重が増えた事がストレスになり更に太ってしまう、これも悪循環です。音楽を聴く(趣味や好きな事・人等に時間を懸ける),運動をする,十分な睡眠・休養を摂る等、食べる事以外のストレス解消方法を見つける必要があります。


コルチゾール : ストレスでストレスホルモンのコルチゾール(糖質コルチコイドの一種,生体にとって必須のホルモン)が増えると、水分の排泄システムが妨害されて体が水分を抱え込むようになり浮腫みの原因となります。又コルチゾールの増加が脂肪燃焼を助ける成長ホルモンの生成を阻害する事等で、体内に脂肪を蓄積させ,筋肉を構成する蛋白質も減り始めて筋肉は痩せ細って行き、基礎代謝も減ります。

ストレスがあると「余分には食べていなくても太る」と言う事です。


* コルチゾールのストレス緩和

コルチゾールは人間の脳がストレスを感じると視床下部から分泌され、ストレス緩和作用とそれに伴い脂肪を蓄える等の働きもします。
ストレス緩和物質でもあるコルチゾールも、慢性的に高い値の状態になると肥満以外にも鬱(うつ)等の症状が出てくる事もあります。


セロトニンとドーパミン : ストレスによりセロトニンの分泌は減少し、ドーパミンの分泌は増加します。
満腹中枢」を刺激するセロトニンが減ると、満腹感が感じられずに食べ過ぎてしまいます。セロトニンの原料はトリプトファン必須アミノ酸)で、肉,魚等のタンパク質から摂取する必要があります。
ドーパミンが増えると、食欲を司る「摂食中枢(空腹中枢)」の働きを促進して食べ過ぎてしまいます。
ドーパミンが過剰分泌されると平常心(精神の安定)をもたらすセロトニンの分泌は減り(気分も暗くなり)ますが、逆にセロトニンには喜びや快楽・快感(脳は興奮)に関係するドーパミン(多過ぎるとイライラしたりする)等を抑制してバランスをとる役目もあります。
コルチゾールの増加は神経伝達物質セロトニンやドーパミンの合成にも関係します。


* テアニン

ストレスが続いているとテアニンの不足により、人の脳波はリラックスの指標であるα波が少ない状態になります。
テアニンはお茶に多く含まれる旨味成分の一つであるアミノ酸で、摂取するとリラックス効果,抗ストレス作用が認めらます。


・脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されるレプチンは脳の満腹中枢を刺激する物質です/よく噛んで食べると脳内でヒスタミンが増加して満腹中枢に働き食欲を抑制する/女性ホルモンのエストロゲンの低下により満腹中枢を刺激する働きが減って食べ過ぎてしまう
・食事1回分の摂取カロリーを減らす1日5食ダイエットでは空腹感によるストレス等が減る/食物繊維の摂取は空腹感から来るストレスを抑える働きもある
・ストレスがあると必要なホルモンの生成等の為に体はコレステロールを蓄えようとする


{関連:1日5食ダイエット食物繊維とダイエット、「浮腫み(むくみ)」関連:ミネラルとダイエット塩分とダイエットの関係水ダイエットとセルライト、「満腹中枢」関連:早食いと肥満(よく噛むダイエット)エストロゲンの減少と女性の中年太り、「神経伝達物質」関連:自律神経と肥満の関係}}   {...b6,m1,m2,m4,m6,m7,m8,d7,d8,d10,e1,e2,e6,l2}


摂食障害(過食症と拒食症)

摂食障害は食べ物を極端に食べ過ぎてしまう過食症や,食べられなくなってしまう拒食症等の食行動の異常(食欲異常)で、メンタルな事が背景にある場合もあります。拒食症から過食症になる事が多いですが、過食症から拒食症へ移行する事や、拒食期と過食期を交互に繰り返す事もあります。

過食症[多食症・神経性大食症]はストレスやダイエットの反動等で(起る心的な異常等による摂食中枢の機能の亢進で)多量の食物を摂取する状態が続きますが、過食に対する嫌悪感で又ダイエットをし、それがストレスになって又過食になってしまうという様な悪循環に陥る事もあり、人によっては意図的な嘔吐や下剤,利尿剤の乱用等が起きたりもします。

拒食症[神経性食思不振症・神経性無食欲症・思春期やせ症]は思春期の女性に多く見られる食事を拒む病的な状態で、痩せたいという思いが強すぎたり,肥満に対する強い恐怖心で肥満嫌悪になり、無理なダイエットを続ける内にホルモン系統も狂い自然な空腹感満腹感が損なわれ、持続的な食欲不振や摂食嫌悪,嘔吐で食べ物を受け付ける事ができない極度の不食になって極端に痩せて(標準体重の85%以下)しまいますが、痩せていても自分は太っていると感じる様になってしまい、低体温や生理が止まる等の危険な症状になってしまう事もあり、命に関わる事(重篤な栄養障害,標準体重の60%以下の痩せ)や深刻な後遺症が残る事もあります。


・絶食等をすると筋肉分解し易いようです
・食物繊維ダイエットにより食べ過ぎ等を防止
・夕食後は過食し、朝は食欲不振になって昼や夜の一回の食事量も多くなった様な状態を夜食症候群と言う


(関連:脂肪だけでなく筋肉も分解食物繊維とダイエット夜更かしと夜食で悪循環)   {...b3,m3,m8,d8,l3}


 

 




ホーム  


 基本:

 仕組み:

痩せるには 肥満に関係するインシュリン 肥満と脂肪細胞 三つの代謝と消費エネルギー 基礎代謝と中性脂肪

朝より夜に食べた方が太り易い 食事誘導性熱産生(DIT) 自律神経と肥満の関係 BMAL1と脂肪の蓄積 副腎皮質ホルモンと血糖値 血糖値を上げる3つのホルモン

脂肪だけでなく筋肉も分解 60兆個の細胞と新陳代謝

1日5食ダイエット 早食いと肥満(よく噛むダイエット)

水ダイエット セルライト

女性ホルモンとダイエット エストロゲンの減少と女性の中年太り

ストレスと肥満 摂食障害(過食症と拒食症)

コレステロールとダイエット,肥満 メタボリックシンドロームと内臓脂肪型肥満 …


 食事:

 運動:

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 仕組み:ストレスと肥満、摂食障害(過食症と拒食症)

 

09/09/08