ダイエット 生活習慣
間食のカロリー計算と夜食の悪循環

 
間食とカロリー計算、夜更かしと夜食で悪循環
ホーム > 生活習慣 > 間食のカロリー計算と夜食の悪循環
   

生活習慣


間食とカロリー計算

全然間食しないのも口寂しい物です。私は間食する時にカロリーを計算(大概袋の裏等に1個当たり何kcalとか、100gあたり何kcalって書いてあります)して量を意識して食べるようにしています。間食カロリー摂取量の目安は150〜200kcal程度なんでしょうが、コーヒーを飲む時でもミルクのカロリーがありますし、スポーツドリンク飲んでも多少糖分等のカロリーはありますから、その辺も考慮して1日の間食でのカロリーを100〜150kcal位にしています。
大抵コーヒーを(ブラックで、インスタントなら粉末のミルクと)飲む時にクッキーとか一口饅頭の類の物を食べます。後はチョコレートとガム位です。ガムを除くと間食の回数は1日3〜4回位です。
時間ですが、食間は(2〜)3時間は空けた方が良いです。回数も本当は1(〜2)回位の方が良いのでしょうが、私の場合は間食(と言うよりはコーヒーブレークと言うか、ちょい食いなんですが)1回の摂取カロリーがおおよそ20〜50kcalで少ないので3〜4回になっています。

チョコレートは老化防止やピロリ菌等の抑制効果等もあって良い物だという言い分けもあって大好きなんですが、ビターとかもあるけど、ミルクやクリームの入っているのもあって、100kcalで大体(2〜)3,4(〜5)個です。

・クッキーやビスケット類は食物繊維等を売りにしているのもありますが、バター,クリーム,砂糖,チョコ等が使われているのでカロリーは高目で、大きさ等にも依りますが100kcalで2〜5枚位です。

・ガムならキシリトールとか歯にも良いし(虫歯予防)、噛むと満腹中枢が刺激されるので、少しですが満腹感が得られるような気も… 1粒で3kcal位ですから1日で100kcal分も噛めませんしね。

   {...m1,d2,e1}


夜更かしと夜食で悪循環

夜型生活が習慣化している人や夜更かしをよくする人が夜中(深夜)に夜食を食べると、(若い人はいざ知らず、)胃がもたれたりして翌朝になると食欲が無かったり,朝寝坊して朝食を摂る事ができなくなり、1日2食の生活パターンになる事があります。こうなって食事間隔が空くと、大食いになってエネルギー摂取が過剰になり、(体が飢餓状態と判定し)エネルギー吸収を高め体脂肪を増やしてしまうといったような悪循環になってしまいます。

夕食後は過食し(カロリー摂取が1日の総量の4分の1〜2分の1)、夜は寝付きが悪く、朝は食欲不振になって、昼や夜の一回の食事量も多くなった状態を夜食症候群(Night Eating Syndrome)と言います。

悪循環: 夜更かし → 夜食 → 朝食抜き → 大食い → エネルギー吸収が高 → 体脂肪増

(関連:朝より夜に食べた方が太り易い自律神経と肥満の関係等)   {...m1,m2,m5,l4}


 

 




ホーム


 基本:

 仕組み:


 食事:

 運動:

 生活習慣:

規則正しい食事 規則正しい睡眠 遺伝,環境と肥満

生活習慣と行動療法 肥満と生活習慣病[成人病] 悪い食習慣

間食とカロリー計算 夜更かしと夜食で悪循環

ダイエット日記 計るだけダイエット 歩くダイエット

家事ダイエット 筋肉緊張ダイエット

呼吸ダイエット 半身浴ダイエット 日常生活の中でのダイエット …


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 生活習慣:間食のカロリー計算と夜食の悪循環

 

08/10/23