ダイエット 運動
代謝,成長ホルモン

 
無酸素運動後の代謝向上と有酸素運動の効果、カフェインとカプサイシン、成長ホルモンと代謝
ホーム > 運動 > 代謝向上
   

運動


無酸素運動後の代謝向上と有酸素運動の効果

筋トレ等の無酸素運動後は数時間以上に亘り安静時に比べ一割ほどの代謝向上(カロリー消費促進)が続きます。運動により体内に溜まった乳酸等の疲労物質の除去や損傷した筋繊維の修復等の筋肉の疲労回復プロセスでもカロリーは消費されます。
有酸素運動の場合は終わると直ぐに体温が下がってしまって代謝の向上の状態は続きません。

無酸素運動を行い糖質のエネルギー不足の状態になってくると成長ホルモンが分泌され中性脂肪の分解が進み(運動開始後1時間位から脂肪分解が始まる)、血中の遊離脂肪酸濃度が上昇して脂肪が燃焼し易い状態が続くので、その後有酸素運動を行うと脂肪の燃焼効果が上昇します。

運動の順番は大切で、有酸素運動をしてアドレナリンが分泌されると血中の遊離脂肪酸濃度が上がり、その後無酸素運動を行っても成長ホルモンの分泌が妨げられ筋肉を作る効果が少なくなり脂肪燃焼効果も減ってしまうので、無酸素運動後の有酸素運動が脂質代謝を上げる方法と言えます。

* 遊離脂肪酸{FFA:free fatty acid(s)}:脂肪細胞にある中性脂肪が分解されて血液中に放出された物で、血中に混ざって体内を循環して筋肉等の組織に運ばれエネルギーとして使われます。


・中性脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解される
・アドレナリンの分泌の作用で中性脂肪も分解される
・運動をして損傷した筋繊維は48時間程で修復(太く)される:超回復


(関連:有酸素運動と無酸素運動,「乳酸」関連:有酸素運動と心拍数)   {...b2,m1,m2,e2,e5,e6}


カフェインとカプサイシン

ウォーキング等の有酸素運動をする前(30分〜1時間程度)にコーヒー(ブラック)等を飲んで置くとカフェインの効果で血中の遊離脂肪酸濃度が上昇して脂肪が燃焼し易い状態になります。緑茶や紅茶等にもカフェインは含まれます。一過性ですが、カフェイン摂取による安静時代謝基礎代謝)の亢進(上昇)も見られるようです。

唐辛子に含まれるカプサイシンも中性脂肪から遊離脂肪酸への分解を促進させてくれます。唐辛子(カプサイシン)の入った食事を摂ると血行促進や発汗での発熱感で体が暑くなって代謝活動(新陳代謝)も促進されますし、食事誘導性熱代謝(食事をする時の熱の発散:エネルギー消費)も高くなります。(但し、食後30分〜1時間位は運動は避けるようにしましょう。唐辛子の摂り過ぎによる味覚障害や胃,腸の炎症、痔にも要注意です。)

カフェインやカプサイシンの摂取により交感神経が興奮し、副腎のアドレナリン分泌,ホルモン感受性リパーゼ(酵素)の活性化による中性脂肪の分解が促進されます。


・食後のカフェイン摂取(コーヒー等)でもDIT(食事誘導性熱代謝)は高くなる
・数千億個の細胞が新陳代謝で毎日入れ替わっている


(「リパーゼ」関連:体脂肪の燃焼開始有酸素運動と無酸素運動,「血行促進や発汗」関連:半身浴ダイエット)      {...m1,m2,m3,e1,l6}


成長ホルモンと代謝

成長ホルモンは骨や筋肉の成長等に係るホルモンで、基礎代謝が高いと成長ホルモンも多く分泌されますが、基礎代謝量と同様に成長ホルモンの分泌量は年齢を重ねる毎に減少していきます。

成長ホルモンには成長期の成長促進作用の他にも代謝機能を調整する働きがあり、蛋白質代謝を促進して筋肉量を増加させたり,脂質代謝を促して体脂肪を減少させたりして体組成(体の構成成分)を整える働き等もあります。
中年になって太り易いのは基礎代謝の減少と、成長ホルモンの不足による脂肪分解作用の衰え等によるものです。成長ホルモンが減ると筋肉量や骨量も減少して体組成のバランスも悪くなります。

成長ホルモンの分泌は40代でピーク時(10代)の半分程度になり、50代ではピーク時の4分の1程度にまで減少してしまいます。

怪我をした時等に治り難くなったと感じた事はありませんか? これ等も成長ホルモンの減少に関係があるようです。成長ホルモンには新陳代謝を促進させる働きもありますし、疲労回復等にも係っています。

代謝:体内に摂取した栄養素等を変化させてエネルギーを取り出し(エネルギー代謝)たり,体を構成する材料に(し、不必要となった生成物を排出)する事(物質代謝新陳代謝)を言います。
ダイエットに係ってよく出て来る基礎代謝はエネルギー代謝の観点で分類された語の一つであり、脂質代謝等は物質代謝[物質交代]の一つですが、これに関連してエネルギーの出入,変換のエネルギー代謝(エネルギー交代:化学的エネルギーから体温維持や運動を行う為の熱エネルギー・運動エネルギーに変化)も行なわれています。
新陳代謝と言う言葉は特に古い細胞と新しい細胞の入れ替り等で使われています。


・三つのエネルギー代謝:基礎代謝,食事誘導性熱代謝,生活活動代謝
・物質代謝:蛋白質代謝,脂質代謝,糖質代謝
・酸素と代謝:無酸素代謝,好気的代謝,嫌気的代謝
・新陳代謝で、骨でも大人で2年半で入れ替わる
・無酸素運動で糖質のエネルギー不足状態になると成長ホルモンが分泌され中性脂肪の分解が進む
・有酸素運動をしてアドレナリンが分泌されると、無酸素運動を行っても成長ホルモンの分泌が妨げられる
・ストレスホルモンのコルチゾール等は成長ホルモンの生成を阻害する
・コレステロールはホルモン等の代謝産生で主要な役割を果たす/運動等で新陳代謝を高めてコレステロールを消費
・水ダイエットで基礎代謝UPや新陳代謝向上等/セルライトは代謝の悪くなった脂肪細胞同士が肥大化し付着した物
・女性ホルモンのエストロゲンの減少は脂質代謝(内臓脂肪を分解)にも係っているので中年太りに関係する
・ダイエットでは代謝を効率的に行う為にはビタミンB群が必要/各種のミネラルも色々な代謝に関係する
・酵素は生体内で物質代謝に関与/朝食にタンパク質を摂取する事で内臓の時計遺伝子はリセットされエネルギーの代謝が始まる
・半身浴ダイエットで血行促進や発汗により代謝活動が促進される


(関連:コルチゾール、「代謝」関連:乳酸は疲労物質か?三つの代謝と消費エネルギーコレステロールとダイエット,肥満水ダイエット/セルライトエストロゲンの減少と女性の中年太り等,ビタミンB群とダイエット/ミネラルとダイエットたんぱく質の摂取半身浴ダイエット)   {...m1,m2,m3,m5,m6,m7,m8,d2,d7,d9,e6,l6}


 

 




ホーム


 基本:

 仕組み:


 食事:

 運動:

体脂肪と運動 体脂肪の燃焼と運動時間 体脂肪の燃焼開始 ウォーキング

有酸素運動と無酸素運動 速筋[白筋]と遅筋[赤筋] 無酸素運動と筋肉増加 筋肉量と基礎代謝 筋肉と筋繊維

メッツとエクササイズ

呼吸と運動 有酸素運動と心拍数

運動の目的と効果 体操とストレッチに筋トレ ウォーミングアップとクールダウン

無酸素運動後の代謝向上と有酸素運動の効果 カフェインとカプサイシン 成長ホルモンと代謝 …

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 運動:代謝,成長ホルモン、カフェインとカプサイシン

 

09/05/15