ダイエット 運動
呼吸,心拍数

 
呼吸と運動、有酸素運動と心拍数
ホーム > 運動 > 呼吸と運動
   

運動


呼吸と運動

呼吸をしながら体内に酸素を取り込んで行う有酸素運動ウォーキングやサイクリング等)と、瞬間的に息を止め瞬発力を使う激しい運動の無酸素運動筋肉トレーニングや短距離走等)があります。

   {...l6}


有酸素運動と心拍数

有酸素運動の状態の時の心拍数は一般的には110〜150位(110程度までなら血中の乳酸増加はみられない純粋有酸素運動150を超える辺りから無酸素運動)ですが、安静時の心拍数や年齢に依り異なるのでカルボーネン法(予備心拍数による方法 )で計算例を示しました。

心拍数運動強度×(最大心拍数−安静時心拍数)+安静時心拍数

(推測)最大心拍数=220−年齢

運動により効率の良い脂肪燃焼効果が得られるのは、上式で運動強度が50〜70%(安静時が0,最大心拍数の時が100%)の有酸素運動をする時の心拍数を求めれば良いので、
例えば年齢40歳で安静時の心拍数が70の人が強度50〜70%の運動をした場合、

0.5〜0.7×{(220−40)-70}+70=125〜147

ダイエットを行う際は心拍数が125〜147になる範囲で有酸素運動すれば良い事になります。
これまでにあまり運動をしてこなかった人なら心拍数125以下で運動を始めても良いと思います。


* 安静時の心拍数(一分間の心臓拍動数[脈拍数]):男性60〜70程度,女性65〜75程度 


* 運動強度の表現には、上記の心拍数に関連する「運動時の心拍数が最大心拍数の何%に当たるかで表現する方法」の他に、身体活動強度(メッツ)の運動の強さについての指標としての運動強度等もあります。


* 身体活動強度は身体活動の(種類ごとに)強さを指標として示した物で、運動強度(運動の強さ),動作強度(生活動作の強さ)です。


(「運動強度」関連:「1日のエネルギー所要量」内の * 身体活動強度は…)   {...b5,b8,m2,e1,e2,e3,e4,e5,e6}


 

 




ホーム


 基本:

 仕組み:


 食事:

 運動:

体脂肪と運動 体脂肪の燃焼と運動時間 体脂肪の燃焼開始 ウォーキング

有酸素運動と無酸素運動 速筋[白筋]と遅筋[赤筋] 無酸素運動と筋肉増加 筋肉量と基礎代謝 筋肉と筋繊維

メッツとエクササイズ

呼吸と運動 有酸素運動と心拍数

運動の目的と効果 体操とストレッチに筋トレ ウォーミングアップとクールダウン

無酸素運動後の代謝向上と有酸素運動の効果 カフェインとカプサイシン 成長ホルモンと代謝 …

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 運動:呼吸,心拍数

 

09/05/15