ダイエット 食事
たんぱく質(アミノ酸)

 
たんぱく質の摂取(アミノ酸)、肉(タンパク質)とダイエット
ホーム > 食事 > たんぱく質(アミノ酸)
   

食事


たんぱく質の摂取

たんぱく質は主要構成成分がアミノ酸で、重要な栄養素の一つです。肉類(ハム等も)、魚介類(竹輪,蒲鉾等の練り製品も)、卵、大豆(納豆,豆腐等の大豆製品も)、乳製品(牛乳,ヨーグルト,チーズ)等たんぱく質を多く含む食品を毎食1〜2品は食べましょう。


* 蛋白質,アミノ酸

蛋白質は血液や筋肉等の主要な成分でもあり、酵素{生体内で物質代謝に関与,蛋白質補酵素(有機化合物で多くはビタミンB群から作られる)等との複合体}等の生命の維持に欠かせない多くの成分になります。

体内で蛋白質の一部は、食べて体に取り入れた蛋白質と合わせて、体を一定の状態に維持して行く為に体の各部分を作り直す為に分解と合成・再合成(DNAに従って,酵素の働きを借りてアミノ酸を結合)をバランスを保ちながら続けています新陳代謝)。

アミノ酸酵素ホルモン,神経伝達物質,免疫抗体等の生成にも係ります。必須アミノ酸は体の中で作る事ができない(か合成困難な)物で、蛋白質を構成する約20種のアミノ酸の内で人には9種あり、摂取しなければ発育,健康保持に障害を来たす(一つ欠けても筋肉や血液,骨等の合成ができなくなり痩せ細って生命維持に危険が生じます)ので毎日食べ物から蛋白質(体内でアミノ酸に分解)を補給しなければなりません。

必須アミノ酸:バリン,ロイシン,イソロイシン,トレオニン,メチオニン,フェニルアラニン,トリプトファン,リシン[リジン] ,ヒスチジン、アルギニン(準必須アミノ酸)


* タンパク質と朝食

朝食タンパク質(も含む栄養バランスの取れた食事)を摂取する事で、内臓(小腸や胃,肝臓等)の時計遺伝子(体内の様々な臓器の細胞に存在し、時間を刻んでいて1日24時間を計る仕組みがり、体内時計の正体です)はリセットされエネルギーの代謝が始まります。
しかし、タンパク質の少ないバランスを欠いた朝食では時計遺伝子はリセットされずに内臓の機能も低下したままになり、脳(朝日を浴びる事で時計遺伝子がリセットされ一日のリズムがスタートし既に活性化している)では栄養分が摂られていないと感知し、この様なタンパク質の少ない朝食が続くと、飢餓状態と判断してしまい、脂肪を蓄えるようになります。

近年のメタボリックシンドローム等の肥満者数の増加の原因は飽食の為だけではなく、時計遺伝子のリズムの乱れが一因とも言われています。

   {...m2,m3,m5,m6,d1,d2,d3,d4,d6,d7,d10,e2,e6}


肉(タンパク質)とダイエット

脂肪が多くてカロリーが高そうなのでダイエットによくないと思いがちですが、に含まれる蛋白質(動物性タンパク質の方が筋肉になり易い)は筋肉等の体の大部分を作っています。筋肉の量が減ると基礎代謝も減るので体脂肪が燃焼し難い体になりダイエットの効果も減ってしまいます。
牛・豚の赤身のや鶏の笹身・胸肉,脂身の少ない魚等の、なるべく高タンパク低カロリー(低脂肪)の食品を摂取するといいと思います。
1日に必要な蛋白質の量は食事量の15〜20%(体重×1〜2g:性別,年齢,生活活動強度により異なる)なので適度に摂取しましょう。取り過ぎた蛋白質は体内で分解されてアミノ酸になり、肝臓で分解され尿素となって体外に排出されますが、糖新生を通して糖になって余ったものは脂肪(エネルギー源)になり蓄積されます。

(関連:炭水化物の必要摂取量)   {...d10}




ホーム  


 基本:

 仕組み:


 食事:

三大栄養素と五大栄養素(必須元素)

たんぱく質の摂取(アミノ酸) 肉(タンパク質)とダイエット

炭水化物(糖質)の役割 炭水化物の必要摂取量 糖類と糖質 三種類の糖質

低炭水化物ダイエット 低カロリーダイエットと飢餓状態 隠れ肥満と内臓脂肪型肥満

低インシュリンダイエット GI値(グリセミック指数)

脂質と脂溶性ビタミン 脂肪酸とコレステロール

ビタミンB群とダイエット ミネラルとダイエット

食物繊維とダイエット

間食 一日三食 外食 1日30品目 1日の食事配分

痩せる食事(塩分,薄味,油,酒) …

 運動:

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 食事:たんぱく質の摂取(アミノ酸)、肉(タンパク質)とダイエット

 

09/12/02