ダイエット 基本
乳酸は疲労物質か?

 
乳酸は疲労物質か? ATP(アデノシン三燐酸)、ピルビン酸、アセチルCoA、クエン酸回路、TCA回路
ホーム > 基本 > 乳酸は疲労物質か?
   

基本


乳酸は疲労物質か?

乳酸は短距離走等の素早くエネルギーが必要な(有酸素運動越えた)激しい運動をする時に、を分解して(筋肉収縮の)エネルギーの元になるATP(アデノシン三リン酸)を作る無酸素代謝の際に発生される代謝産物で、生産量が排出量を上回ると一時的に筋肉中(速筋・白筋に蓄積し易い)に溜まる物質です。

筋肉に十分な酸素が行き渡る有酸素運動やストレッチ等の場合には乳酸は発生しませんし、マラソン位のペースでは乳酸は発生しますが溜まった状態になる前に分解されます。

乳酸が蓄積すると(水素イオンが放出され)筋肉が酸性に傾き動き難くなります(骨格筋は単一の筋線維で構成される事は少ないので近くに収縮できる赤筋繊維もあるので骨格筋一単位としてはどうにか動ける)。この様な事も理由で最近まで乳酸疲労物質とも言われてきました(乳酸で筋肉が動かなくなる事で損傷する筋肉を少なく抑えていると言えるかも知れません)。
蓄積された乳酸は血流に運ばれ、遅筋・赤筋や心筋(心臓の筋肉)でエネルギーとして消費されたり、肝臓でグリコーゲンとして合成(コリ代謝)されます。白筋では乳酸が少なくなると又運動が可能になってきます。
乳酸は形を変えて筋肉を動かすエネルギー源にもなっているので、最近では疲労物質では無いとか、疲労回復物質や疲労緩和物質等とも言われています。

深呼吸やストレッチ,軽い有酸素運動等をして、筋肉細胞に酸素を行き渡らせ血行を良くし好気的代謝を促進させてクールダウンをすれば乳酸の除去にも有効です。


糖(グルコース)は解糖系で分解されるとエネルギーを供給してピルビン酸乳酸を生成しますが、酸素が存在する分はピルビン酸が代謝されアセチルCoA(アセチルコエンザイムエー・アセチルコエー・アセチル補酵素A)となりクエン酸回路[TCA回路・TCAサイクル・トリカルボン酸回路,クレブス回路](好気的代謝)に組み込まれ酸化されることによってATP(アデノシン三燐酸)等が生じエネルギーを産出していますが、酸素が不足する分(嫌気的代謝)は一時的にピルビン酸から乳酸になって血流で運ばれ、後に酸素が足りて(呼吸が整って)来ると遅筋等でピルビン酸に戻りアセチルCoAとなりTCA回路に入りエネルギーを作り出します。


   {...e2,e4,e5,e6}


 

 




ホーム  


 基本:

基礎代謝 基礎代謝量計算式 基礎代謝基準値

体脂肪 体脂肪を減らす 体脂肪のエネルギー量 脂肪細胞と太りやすさ 脂肪細胞 体脂肪率

脂肪型肥満の種類 有酸素運動と体脂肪の燃焼 肥満度(BMI)

インシュリン 血糖値

乳酸は疲労物質か?

標準体重[kg] 適正(摂取)エネルギー量[kcal] 目標摂取カロリー

一日に必要なカロリー 1日のエネルギー所要量

リバウンドとホメオスタシス レプチンと満腹感 …

 仕組み:


 食事:

 運動:

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 基本:乳酸は疲労物質か?

 

09/06/23