ダイエット 基本
リバウンド

 
リバウンドとホメオスタシス、レプチンと満腹感
ホーム > 基本 > リバウンド
   

基本


リバウンドとホメオスタシス

ダイエット経験者の6割以上に見られるリバウンドは、ダイエット(中断)後に体重が元(以上)に戻ってしまう現象で、リバウンドを繰り返すと痩せ難く太り易い体質になってしまいます。
食事制限のダイエットをしていると、ある時期に体重が減り難い「停滞期」に入り1か月程続く場合もあります。

停滞期の原因は「ホメオスタシス」と言う体の機能が働く事で、摂取エネルギー(食事の量)の減少に伴ってエネルギー消費も減少するので、それ以上体重が減らなくなります。
停滞期にダイエットを止めて食事量を元に戻すと、ホメオスタシスは継続しているので、エネルギー消費の減少分が体脂肪として蓄積されリバウンドする事になってしまいます。


・リバウンドし難いのは1日50〜100gの減量


(「リバウンド」関連:女性ホルモンとダイエット計るだけダイエット)   {...m1,m5,m8,d2,l2,l4}


レプチンと満腹感

レプチン」は脳の満腹中枢を刺激する物質で、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されます。ダイエットで食事量を減らすとレプチンの分泌量も減少してきます。
ところがダイエットを中断して食事量を元に戻しても、レプチン分泌量が適正に戻るのに約1か月を要するので満腹感を得られません。その間に食べ過ぎてしまうとリバウンドしてしまう事になります。

* レプチンの値は睡眠中は上がりますが、睡眠不足になるとバランスが崩れて悪循環に陥ってしまって下がってしまい、起きた時に空腹感を感じ、炭水化物を多く含む食品を沢山食べてしまいます。

(「満腹中枢」関連:セロトニンとドーパミンエストロゲンの減少と女性の中年太り)   {...m4,m5,m7,m8,d8,l1,l3}


 

 




ホーム  


 基本:

基礎代謝 基礎代謝量計算式 基礎代謝基準値

体脂肪 体脂肪を減らす 体脂肪のエネルギー量 脂肪細胞と太りやすさ 脂肪細胞 体脂肪率

脂肪型肥満の種類 有酸素運動と体脂肪の燃焼 肥満度(BMI)

インシュリン 血糖値

乳酸は疲労物質か?

標準体重[kg] 適正(摂取)エネルギー量[kcal] 目標摂取カロリー

一日に必要なカロリー 1日のエネルギー所要量

リバウンドとホメオスタシス レプチンと満腹感 …

 仕組み:


 食事:

 運動:

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 基本:リバウンドとホメオスタシス、レプチンと満腹感

 

09/06/23