ダイエット 基本
適正エネルギー量

 
標準体重、適正エネルギー量、目標摂取カロリー
ホーム > 基本 > 適正エネルギー量
   

基本


標準体重[kg]

身長[m]×身長[m]×22

* (身長−100)[cm]×0.9  でも同じ様な値になります。


・上の2式の例ですが、25歳で身長158.1cmの女性の標準体重[kg]を計算すると、それぞれ

1.581[m]×1.581[m]×22=55.0[kg]

(158.1−100)[cm]×0.9=52.3[kg]

になります。参考までに、表「年齢別の身長,体重の基準値と基礎代謝基準値」の数値と比較してみて下さい。20代位までは標準体重より体重の基準値の方が軽い様です。


* 体重=身長−110 という式もあります。中学生(一年生男女平均152cm程)位からなら使えそうです。


・標準体重の計算式に用いる数値の22は肥満度(BMI)の標準の数値(18.5〜25)に関連する
・標準体重の85%以下は極端の痩せ、標準体重の60%以下の痩せは重篤な栄養障害です
・体重が標準以下でも体脂肪が増えてしまった隠れ肥満[正常体重肥満]も多い


{関連:肥満度摂食障害(過食症と拒食症)低カロリーダイエットと飢餓状態}   {...b3,b4,m1,m5,d4,l4}


適正(摂取)エネルギー量[kcal]

標準体重×生活強度

生活強度
(軽い)25〜30,(中程度)30〜35,(やや重い)35〜40,(重い:重労働)40〜
生活強度生活活動強度]別の体重1sあたりの必要エネルギーです。

軽い(主婦・事務職等):散歩や買い物等1時間程度の歩行と立位での軽作業や家事等、他は大部分座位で事務,談話等をしている場合。

中程度(製造加工・販売職等):通勤や仕事等で2時間程度の歩行や立位での業務が比較的多く、他は大部分座位で事務,談話等をしている場合。

やや重い(外回り営業等):2時間程度の歩行と、大部分が立位での作業と1時間程度はスポーツ等の比較的強い身体活動や比較的強い作業に従事している場合。

重労働(強い作業に従事・運動選手等):歩行や立位が中心で他に1時間程度は激しいトレーニングや激しい作業を含む活動をしている場合。


* 例えば身長160cmで事務職の女性(標準体重:56.32kg)の場合を生活(活動)強度(軽い)25で計算してみると、

標準体重×生活活動強度
身長[m]×身長[m]×22×生活活動強度

1.6×1.6×22×25=
56.32×25=1408[kcal]

適正(摂取)エネルギー量となります。


・摂取エネルギー[カロリー]より消費エネルギー[カロリー]を増やせば痩せる


(関連:一日に必要なカロリー,「1日のエネルギー所要量」の式との比較)   {...b3,b5,m1,m4,d8,l4}


目標摂取カロリー

ダイエット中の一日の目標摂取カロリーの計算をしてみます。

適正摂取エネルギー量(=標準体重×生活強度)の式を応用して、目標体重(理想体重)になる為の目標摂取カロリーを次の式で求めます。

目標摂取カロリー目標体重×25〜30

健康的に痩せるには一か月当りマイナス5%以内位が望ましいので、仮にあなたの体重が現在60kgで理想体重が50kgだとしたら、最初の目標体重は1か月後に60×0.95=57[kg]に設定してみて下さい。

目標摂取カロリー = 57×25〜30 = 1425〜1710[kcal]

ただし、基礎代謝を下回らない様に基礎代謝量計算式で計算して下さいね。


・摂取カロリーが少な過ぎると筋肉が分解される事がある(あまり使わない筋肉より脂肪を残す)


(関連:脂肪だけでなく筋肉も分解)   {...m3,d2}


 

 




ホーム


 基本:

基礎代謝 基礎代謝量計算式 基礎代謝基準値

体脂肪 体脂肪を減らす 体脂肪のエネルギー量 脂肪細胞と太りやすさ 脂肪細胞 体脂肪率

脂肪型肥満の種類 有酸素運動と体脂肪の燃焼 肥満度(BMI)

インシュリン 血糖値

乳酸は疲労物質か?

標準体重[kg] 適正(摂取)エネルギー量[kcal] 目標摂取カロリー

一日に必要なカロリー 1日のエネルギー所要量

リバウンドとホメオスタシス レプチンと満腹感 …

 仕組み:


 食事:

 運動:

 生活習慣:


 各種ダイエット方法・概要,関連:

 ダイエット用語索引:


ダイエットの基本と仕組み,食事・運動・生活習慣
ダイエット 基本:適正エネルギー量、標準体重、目標摂取カロリー

 

08/07/31